大学サッカー選手の声【四国大学サッカーリーグ編】VOL.32  愛媛大学 坂井翔真 選手

今回は愛媛FCユース(高校)から愛媛大学へ進学し、大学サッカー部で活躍中の坂井 翔真選手に、大学サッカーについてお聞きしました。

プロフィール

お名前
坂井翔真

出身チーム
愛媛FCユース(高校)

所属大学
愛媛大学 

所属学部・学科・学年
理学部 理学科 3年生

”愛媛大学” 選択のわけ

ーー愛媛大学への進学理由、進学方法を教えてください。

まず自分は高校1年生いっぱいでサッカーを辞めています。というのもサッカーだけをやっていても私立の大学にいくことはできたと思うんですけど、個人的にそれが嫌でした。だから勉強も頑張り地元の国公立大学に進学したいという想いがありました。愛媛大学が地元の国公立大学としてあったので愛媛大学に進学しようと決めました。

入学方法としては推薦型選抜というものを利用し入学しました。

ーー大学サッカー部の情報はどう入手していましたか?

愛媛FCユースから大学に進学した先輩や友人のお兄さんに聞いたりしていました。また、インターネットで記事になっているものを見つけたりもしました。

四国大学サッカーリーグ1部 “愛媛大学サッカー部” について

ーー愛媛大学サッカー部の魅力について教えてください。

監督がいないので学生である選手達が幹部を決め部を運営しています。例えば、練習試合の予定を組んだり、金銭の管理など全てやっています。
また、愛媛大学の所属している四国大学リーグは関東、関西と比べるとレベルは低くなりますが、その中でも全国は目指しやすい大学だと思うのでモチベーションを持って取り組めるかなと思います。より全国を近くに感じながら試合をできる。

ーーサッカー部のコンセプトについて。

愛媛大学サッカー部のコンセプトは、チャレンジャーとして大会に出場することが多いので上位の成績を取ることを目標にしています。また、プレースタイルは毎年4年生が中心となってその年の形を決めています。普段は相手が格上でレベルが高いということもあってロングボールに頼ってしまいがちです。ですが、今年はビルドアップからしっかりと意識して、できるだけポゼッションを高め選択肢を作ってパスコースを広げてあげられるような考え方でやっています。

大学サッカーについて

ーー大学サッカーの魅力、大学サッカーに進んでよかったことについて教えてください。

学生だけで部を運営するので、決まりを作らないとゆるすぎてしまえばサークルと一緒になってしまいます。本気でサッカーをしたい人たちが部活に所属してやるべきです。幹部として携わらせてもらっていると、他大学との連絡において目上の方とやりとりをすることがあるので礼儀やマナーをかなり学ことができます。その分仕事が多いなと感じることもありますが、サッカーの試合一つとっても監督同士のコミュニケーションによって成り立っていることに気づけたりします。なので選手をしながら裏方の部分を知れコーチや指導者の存在に対するありがたみを実感します。

ーーこれまでの大学サッカーを振り返って

大学サッカーを心機一転頑張ろうと思っていた矢先にコロナ禍になってしまい、練習をあまりできず1年生の時は残念でした。愛媛大学には監督がいないので手を抜こうと思えば抜けてしまうので周りとの温度差を感じることがありました。けれども先輩に強く当たりすぎると第三者がいない分いづらさや、やりづらさを感じてしまう部分もあり、協調性が身についたかなと思います。

ーー大学サッカーにおける今後の目標について。

リーグ戦で上位に組み込み全国大会に出場することです。また、総理大臣杯などのトーナメント形式の大会でチャンスを掴み全国大会に出場したいです。そしてチームで目立って国体やデンソーカップにも絡んでいけたらなと思います。

ーー坂井さんのストロングポイントを教えてください

自分のストロングポイントは愛媛FCユースの頃からいろんなポジションを任せられることもあったのでどこのポジションもやれることが評価されてきたので自分の中でも自信に繋がっています。また、腕の使い方を意識していて相手との間合いを広げながらボールキープをできるところにも注目してほしいです。

最後に、スポーツ推薦(セレクション)を目指す高校生アスリートに向けて

ーー大学で競技継続の意思のある高校生アスリートに向けてアドバイスやメッセージをお願いします。

愛媛大学では基本的にセレクションがないのでやる気のある子は大歓迎です。自分の代には大学からサッカーを始めた人もいるくらいです。セレクションや練習会では、短い期間でのアピールになると思うので、周りの評価や目が気になると思いますが、そこは忘れて何言われても自分のしたいこと、持っているものを出せればいい結果に繋がるかなと思います。

ーー大学でサッカーを再開するにあたって意識していたことは何かありますか?

体力的な面で唯一周りに遅れをとっているかなと感じました。技術面で劣っているなと感じたことはあまりなかったです。早熟型ではなかったので、むしろ大学生になって体つきがよくなりやりやすくなったと思います。体力的なところでは普段の練習から休まずに取り組んだり自主練でラントレをすることで取り戻すことができました。

ーーインタビューは以上です!ありがとうございました!

愛媛大学サッカー部SNS

坂井翔真選手SNS

おすすめ記事

  1. 大学サッカー選手の声【北信越大学サッカーリーグ編】VOL.50  新潟医療福祉大学 長谷川夢作 選手

  2. 大学サッカー選手の声【東京都リーグ編】VOL.1  國學院大学 村上渉選手

  3. 大学偏差値一覧 【神奈川県大学サッカーリーグ】

  4. 大学サッカー選手の声【中国大学サッカーリーグ編】VOL.62 福山大学 江﨑智哉 選手

  5. 大学サッカー選手の声【東京都リーグ編】VOL.4 國學院大學 熊田柊人選手

  6. 大学サッカー選手の声【関東大学サッカーリーグ編】VOL.9  国士舘大学 佐々木陸選手

人気記事ランキング

  1. 1位

    関東大学サッカーリーグ