大学サッカーリーグ紹介【東京都大学サッカーリーグ編】

東京都大学サッカーリーグとは?

正式名称:東京都大学サッカーリーグ

2022年度シーズンから東京都大学サッカーリーグは1部・2部・チャレンジリーグに分かれ、それぞれ12チーム編成となっている。

2022年度かそれまであった3・4部が廃止されチャレンジリーグが創設されることになった。
変更点は以下のようになっている(東京都大学サッカー連盟発表のもの)

・1、2部リーグに所属するチームは関東大学リーグを目指し、チーム強化を図るチームとする。
・1、2部リーグに所属するためには、競技成績のみならず、連盟が定める各種条件を満たすことが必要であり、試合会場の提供や本連盟との協働と組織的なチーム運営が求められる。

試合数は1部・2部・チャレンジリーグともに前期後期の2期に分けて実施される。
前期11試合(1
~11節)、後期11試合(12~22節)の全22試合のリーグ戦形式で通算勝ち点で年間成績が決定する。

東京都サッカーリーグは1部〜チャレンジリーグ構成
千葉県大学サッカーリーグは1部〜2部リーグ構成
神奈川県大学サッカーリーグは1部リーグ構成
北関東大学サッカーリーグは2022年度シーズンから埼玉県大学サッカーリーグと合併し関東大学サッカーリーグNorteへ名称変更 1部〜2部リーグ構成

東京都大学サッカーリーグは上から3つ目の各都道府県リーグに属している。

昇降格について

1部リーグ上位3校は関東大学サッカーリーグ2部参入戦(入れ替え参入戦)への出場権を有する。
2部の上位2校は自動昇格となり、1・2部の下位2校は自動降格となる。
また、東京都大学サッカーリーグ1部の上には、関東大学サッカーリーグ1・2部とあり、各都県リーグ1部の上位校が、関東大学サッカーリーグ2部の自動降格2校によって空いた籍をトーナメント戦によって争う(入れ替え参入戦)。

東京都大学サッカーリーグ所属大学(2022年度)

▼東京都大学サッカーリーグ1部 所属チーム一覧
※昨年度の昇降格の関係上、2022年度は12チーム編成となっている。

NO チーム
1 立教大学
2 山梨学院大学
3 東京農業大学
4 國學院大學
5 上智大学
6 帝京大学
7 東京経済大学
8 学習院大学
9 朝鮮大学
10 成蹊大学
11 玉川大学
12 亜細亜大学

東京都大学サッカーリーグ1部に所属する大学をプレースタイル別に大まかに分けると以下のようになります。(アスリートバンクによる独自分類)

【ポゼッションサッカー】
國學院大学
成蹊大学
東京農業大学
学習院大学
上智大学

【ディフェンシブサッカー】
玉川学園大学

【ハイプレスサッカー】
朝鮮大学
帝京大学

【カウンター型サッカー】
亜細亜

【縦に速いサッカー】
立教大学
山梨学院大学

▼東京都大学サッカーリーグ1部 所属チーム一覧

NO チーム
1 都留文科大学
2 大東文化大学
3 国際基督教大学
4 一橋大学
5 東京大学
6 武蔵大学
7 成城大学
8 東京都立大学
9 東京理科大学
10 東京工業大学
11 日本大学文理学部

▼東京都大学サッカーリーグチャレンジリーグ 所属チーム一覧

NO チーム
1 北里大学
2 東京海洋大学
3 桜美林大学
4 明星大学
5 山梨大学
6 東京都市大学
7 工学院大学
8 日本大学生物資源科学部
9 東京外語大学
10 電気通信大学
11 創価大学
12 東京農工大学
13 日本文化大学
14 東京電機大学
15 東京薬科大学
16 芝浦工業大学

 

過去5年成績上位

▼東京都大学サッカーリーグ1部

▼東京都大学サッカーリーグ2部

東京都大学サッカーリーグの魅力

東京都大学サッカーリーグは都道府県リーグの中でも最多の3部構成で所属チーム数も多い。
そして1部~チャレンジリーグそれぞれに魅力がある。

1部
“入れ替え戦出場圏内3枠を争う熾烈な上位争い”
東京都大学サッカーリーグ1部はチーム力が非常に拮抗している。さらに関東大学サッカーリーグ1部に所属していた大学も毎年加わり、激しい昇降格争いが繰り広げられる。
都県1部リーグとはいえ、2019年度インターハイ全国大会優勝し優秀選手賞を受賞した野村海(山梨学院高→山梨学院大2年)や2019年度プレミアリーグEASTを制した鹿島アントラーズユース出身の熊田柊人(鹿島Y→國學院大2年)などがプレーしている。
他にも高校、ユース年代の能力あるタレントたちが多く在籍している。

2部
2部には毎年1部の降格組が参戦してくるため、レベルの高いリーグになる。
中位チームが上位のチームを食うような試合もあり順位の変動が多く、リーグ終盤の優勝争いから目が離せないリーグとなっている。
年間通して、2部のチームも1部のチームとトーナメント戦(アミノバイタルカップ・東京都トーナメント)で試合をする機会がある。
毎年、数試合2部のチームが1部のチームを倒す大番狂わせが起こる。こういったところも1部の魅力である。

おすすめ記事

  1. アスリートバンク運営メンバー募集

  2. 大学サッカー 北信越大学サッカーリーグに所属する大学の就職状況

  3. 大学別プレースタイルの特徴と直近4年の大卒Jリーガー【関東大学サッカーリーグ1部】

  4. 大学サッカー選手の声【関西学生サッカーリーグ編】  京都産業大学 水野竜選手

  5. 大学サッカーの可能性【カタールW杯編】

  6. 大学別現役プロサッカー選手数一覧【北信越・東海大学サッカーリーグ編】

人気記事ランキング

  1. 1位

    関東大学サッカーリーグ