大学サッカー選手の声【関東大学サッカーリーグ編】VOL.63  立正大学 杉本光希 選手

今回はジュビロ磐田U-18から立正大学へ進学し、サッカー部で活動されている杉本 光希選手に、大学サッカーについてお聞きしました。

プロフィール
お名前
杉本光希

出身クラブ
ジュビロ磐田U-18

所属大学
立正大学

所属学部・学科・学年
地球環境学部 地理学科 3年

”立正大学” 選択のわけ

ーー立正大学への進学理由、進学方法を教えてください。

ジュビロ磐田へトップ昇格ができないことがわかり、いくつかの大学からお声をかけていただきました。その中で立正大学を選んだ一番大きな理由としてユースの先輩である平松航選手がいたことです。高校3年時にはキャプテンを平松選手から引き継いでおり自分の中ではとても好きな選手でしたし、キャプテンとしての模範像でした。そういった意味で平松選手ともう一度同じチームでサッカーをしたいなと思いました。

関東大学サッカーリーグ2部
“立正大学サッカー部” について

ーーサッカー部の魅力について教えてください

立正大学はスポーツ推薦とAO入試のみの入部となっていて少数精鋭で活動しています。
立正大学では「チームのために、誰かのために」というモットーを掲げており、それが魅力だと思います。やはり大学サッカーをしている選手の中には「自分自身のため」にやっている選手もいます。でもサッカーはチームスポーツなので助け合いながらプレーをする場面が存在します。なので自分だけのためにやっていてはいつか壁にぶつかってしまうと思います。その大学サッカーを4年間目標に向かってブレずに努力できるのは同志の仲間がいるからです。なので立正大学サッカー部は組織というものを存分に経験できるチームだと思います。

大学サッカーについて

ーーこれまでの大学サッカーを振り返って。

昨シーズンは非常に印象に残っています。個人だけを見れば初めてリーグ戦に出場できたし、大学選抜に選出され結果を残せたと思います。けれどチームとしてみたら2部へ降格してしまいました。負ける試合は自分の後ろにあるゴールにボールを何度も入れられた時なので降格には自分自身すごく責任を感じました。また、代表活動などの経験をさせてもらっているのにチームに貢献できなかった悔しさも残りました。この思いを見返そうという気持ちで今シーズン戦っています。昨年の降格を経て、1試合に対する思いが変わりました。勝ちたい思いやコンディション調整にあまり変化はありませんが1試合にかける細かな部分で自分のことだけではなくてチームをどう引っ張っていくのか考えるようになりました。自分自身去年は経験をすごく積めたけれどチームのために自分の役割を真っ当できたかと言われるとそこまでできていなかったのかなと思います。一人ひとりが「チームのために」を意識することで立正大学サッカー部のためになると思うので、今年はアクションを起こし続けています。それを後輩の選手や試合に関われていない選手に感じてもらえたらと思っています。

ーー年代別日本代表、大学選抜での活動について。

昨年はほとんどの選抜活動に参加させていただき経験としてはすごく有意義な時間を過ごさせて頂いているのかなと思います。でもその中で結果を出せているのかと言われるとまだまだな部分があります。今年の結果を踏まえても自分は大学界、チームで絶対的な存在になれていません。大学No.1GKとなるために、細部を突き詰めていきたいです。

ーー杉本選手にとって大学サッカーとは?

自分次第の場所だなと思います。自分次第でプロの道が開けてくるかどうかです。大学サッカーに来る選手のほとんどは高校時代に「プロには進めない」と言われてきた選手たちです。大学の先は現役を続けられるか区切りをつけるかのどちらかという選択になります。これからも本気でサッカーを続けたい選手にとっては逃げ道がなくなります。そのような状況下で成長や目標達成のために努力できるかどうかだと思います。努力した先にプロになれるかなれないかが待っているんだなと感じました。

ーーサッカーにおける今後の目標について。

プロになり、活躍し続ける選手になることを目指しています。そのためには大学サッカー界No.1GKになりたいです。昨年(2021年)年代別日本代表に選んでいただきレベルの高さを実感しました。その経験もあり、サッカー選手である以上改めて目指さなければいけない場所だなと再認識しました。そのような高いレベルで長く現役生活を続けて活躍していきたいです。

チームとしては関東1部リーグに復帰することです。2年生から試合に出場していますが、昨年は関東1部リーグから降格してしまい苦い経験をしました。なので自分達の代で1部に復帰し良い結果を残したいです。そして立正大学サッカー部をより魅力のあるチーム、大学にしていくために1部に居続けたいです。

ーー杉本選手のストロングポイントを教えてください。

安定感が自分の強みです。客観的にみてGKの中では181cmのGKは高くはないと思います。それでも他のGKと戦って勝ってこれているのは「欠けているものは絶対にあっちゃいけない」と思ってこれまでプレーしてきたからだと思います。なのでGKに求められる全ての能力において高いレベルで安定感を持ってプレーできている自信があります。

最後に、スポーツ推薦(セレクション)を目指す高校生アスリートに向けて

ーー大学で競技継続の意思のある高校生アスリートに向けてアドバイスやメッセージをお願いします。

現在のJリーグをみても確率的に高卒プロで活躍している選手は多くはないです。そのような現状を踏まえると、大学サッカーに進むことでもう一度自分自身に試練を与え続けてさらに磨きをかけ、4年後より一層大きくなった姿でプロに挑戦するのもありだと思います。今振り返っても高校時代には考えられないほど心技体がついてきて昨シーズンには代表活動にも関わらせていただくことができました。そういった経験から思うのは、”今だけを見るのではなく長期的な視野で見ていくことが大事”だということです。大学サッカーは凄く発展していて、毎年数多くのプロサッカー選手を輩出しており、プロになること自体珍しいことでもなくなってきています。なので目の前のことだけではなく”大学サッカー”という選択肢を持ってもいいと思います。

大学選択に関しては自分自身が合う大学を見つけてほしいです。練習参加だけでは見えてこない部分もあるのでいろんな方の話を聞いてみてください。自分は厳しい環境で頑張れる、きちんと自分を律してできるタイプなら厳しい大学を選んだほうがいいですし、高校の先輩などがいる環境がいいのであればそのような大学を選んだほうがいいと思います。自分自身をきちんと自己分析をした上でそれに見合った大学を選択してください。

ーーインタビューは以上です!ありがとうございました!

立正大学サッカー部SNS

杉本選手SNS

おすすめ記事

  1. 社会学部のある大学一覧

  2. 【現役高校生インタビュー】 Vol.1 岩倉高校サッカー部 今井翔太選手

  3. 大学サッカー選手の声【北信越リーグ編】VOL.6  北陸大学 原島颯選手

  4. 大学サッカー選手の声【関東大学サッカーリーグ編】VOL.24  法政大学 中井崇仁 選手

  5. 大学学費一覧【東北大学サッカーリーグ】

  6. 大学サッカー 東京都大学サッカーリーグに所属する大学の就職状況

人気記事ランキング

  1. 1位

    関東大学サッカーリーグ