大学別現役プロサッカー選手数一覧【北海道・東北大学サッカーリーグ編】

現役プロ選手輩出数からみた
大学サッカーの新たな魅力とは?

 

 現役Jリーグ(J1、J2、J3)全56チーム1662人の選手を対象に、大学サッカー出身選手とその大学を調査をした。
現在、Jリーグに所属する大学サッカー出身のプロ選手は719人となっており、全体の約40%を占めている。残りの約60%は高校からプロ選手になるか、クラブの下部組織からトップに上がるかの2種類となっている。リーグのカテゴリーによって、大学サッカー出身のプロ選手の比率が変わってきており、J1は570人中172人で全体の約30%を占めており、J2は656人中267人で約40%を占めている。
これら二つとは異なり、リーグの半分以上を大学サッカー出身選手で占めているのがJ3であり、436人中281人が大学サッカー出身選手となっている。また、大学サッカー出身選手の中でも日本代表に選出され、U-23の代表候補に選ばれる選手も多数出てきている。

今回は、北海道・東北大学サッカーリーグに加盟している大学が輩出したプロサッカー選手と人数をご紹介する。

 

大学別現役プロサッカー選手数【北海道大学サッカーリーグ】

 札幌大学 / 3名


札幌大学からは3名の現役プロ選手を輩出している。
J1には湘南ベルマーレの澤田恒選手、J2には水戸ホーリーホックの平塚悠知選手、J3にはSC相模原の清原翔平選手がおり、
各カテゴリーに1選手ずつ在籍していることがわかる。
澤田選手は、昨季途中に湘南入りした選手であるがそれまでドイツの下部リーグでプレーしていた。ドイツではCBとGK以外はどこでも守った経験がある。今季は昨季からの怪我で開幕からは出遅れたが、今後の活躍に注目である。

 

北海道教育大学岩見校 2名

北海道教育大学岩見校からは2名の現役プロ選手を輩出している。
J1とJ2には在籍選手はいないが、J3にはアスルクラロ沼津の深井祐希選手とFC今治の上原拓郎選手が在籍している。上原選手は、北海道コンサドーレ札幌でデビューし、その後はロアッソ熊本に渡り2年前からFC今治へと移籍した。ボランチをはじめSBでもプレーができるユーティリティが武器の選手。深井選手は今季が2年目で、昨季は怪我に泣いたが、これからがとても楽しみな選手である。

           

大学別現役プロサッカー選手数【東北大学サッカーリーグ】

仙台大学 / 8名

仙台大学からは8名の現役プロ選手を輩出している。
J1には3人、J2には2人、J3には3人在籍している。全体でみても、各カテゴリーでみても、北海道・東北大学サッカーリーグの中で最多数の現役プロ選手を輩出している。出身選手の中でも、横浜FCに所属している松尾佑介選手は昨季特別指定選手(高校や大学に所属する学生選手または日本クラブユースサッカー連盟の加盟するチームに所属している選手を対象に、JFAが認定した選手に限り所属を変えずにJリーグなどの試合に出れる制度)としてJリーグデビューし6得点5アシストの大活躍で、チームのJ1復帰に大きな力となった。今季もJ1復帰したチームで大活躍が期待される。

▼その他の仙台大学出身現役プロサッカー選手
・水戸ホーリーホック        細川淳矢選手
・栃木SC               西谷優希選手
・ブラウブリッツ秋田                斎藤恵太選手
・ヴァンラーレ八戸                 金子優希選手
・アスルクラロ沼津                菅井拓也選手

盛岡大学 / 1名

盛岡大学からの現役プロ選手は、J1の名古屋グランパスの山﨑凌吾選手のみの輩出となっている。J1とJ2で通算140試合に出場し、31得点しているFWの選手。今季湘南ベルマーレから完全移籍し、さらに得点増を目指していく。

 

八戸学院大大学 / 1名

 

 

 

 

八戸学院大学からの現役プロ選手は、J3ヴァンラーレ八戸の新井山祥智選手のみの輩出となっている。今季はヴァンラーレ八戸に移籍して13年目のシーズンとなる。青森で生まれ八戸の大学を出て、ヴァンラーレでプレーするという、まさに八戸の象徴ともいえる選手である。今季も豊富な経験を生かし、中盤でのゲームメイクに期待したい。

東京都リーグの大学別現役プロサッカー選手数はこちら

 

最後に

北海道・東北大学サッカーリーグ出身の選手は、関東大学サッカーリーグや関西大学サッカーリーグに比べて現役選手の輩出数だけで見れば
圧倒的に少ない。
しかし、リーグごとでのJ1所属選手数の割合で見てみると、関東大学サッカーリーグが26%で関西大学サッカーリーグが21%となっている。それに対して、北海道・東北大学サッカーリーグでは34%という数字になっている。もちろん、人数の違いを考慮する必要があるが、J1でも活躍できるような人材が北海道や東北からも出ているということはこの数字から見て取れるのではないでしょうか。

チーム内でもリーグ内でも競争が激しい関東大学サッカーリーグや関西大学サッカーリーグでプレーするのも良いですが、多くの試合や大会に出場できるチャンスに恵まれているチームで己を磨くのも一つの選択肢となるのでが無いでしょうか?

 

おすすめ記事

  1. 大学サッカーの可能性

  2. 大学サッカー 四国大学サッカーリーグに所属する大学の就職状況

  3. 大学学費 一覧 【九州大学サッカーリーグ】

  4. 大学偏差値一覧 【東海学生サッカーリーグ】

  5. 大学サッカー 埼玉県大学サッカーリーグに所属する大学の就職状況

  6. 大学入試情報一覧【北関東学生サッカーリーグ】