大学別現役プロサッカー選手数一覧 【関西大学リーグ編】

現役プロ選手輩出数からみた
大学サッカーの新たな魅力とは?

 

現役Jリーグ(J1、J2、J3)全56チーム1662人の選手を対象に、大学サッカー出身選手とその大学を調査をした。
現在、Jリーグに所属する大学サッカー出身のプロ選手は719人となっており、全体の約40%を占めている。

残りの約60%は高校からプロ選手になるか、クラブの下部組織からトップに上がるかの2種類となっている。
リーグのカテゴリーによって、大学サッカー出身のプロ選手の比率が変わってきており、J1は570人中172人で
全体の約30%を占めており、
J2は656人中267人で約40%を占めている。

これら二つとは異なり、リーグの半分以上を大学サッカー出身選手で占めているのがJ3であり、436人中281人が
大学サッカー出身選手となっている。
また、大学サッカー出身選手の中でも日本代表に選出され、U-23の代表候補に
選ばれる選手も
多数出てきている。
今回は、東京都大学サッカーリーグに加盟している大学が輩出したプロサッカー選手と人数をご紹介する。

 

大学別現役プロサッカー選手数

 

関西大学    23名

 

関西大学からはリーグで2番目に多い23名の現役プロ選手を輩出しており、J1に5名、J2に7名、J3に11名
在籍している。
日本代表経験もあるサンフレッチェ広島の荒木隼選手、FC東京の児玉剛選手、ガンバ大阪の黒川圭介選手などが
挙げられる。

 

阪南大学         25名

 

阪南大学からはリーグで最も多い25名の現役プロ選手を輩出しており、J1に7名、J2に12名、J3に6名在籍
している。
日本代表として21試合に出場し1得点を上げている伊野波雅彦選手や、川崎フロンターレの脇坂泰人選手、
ベガルタ仙台の飯尾竜太朗選手と松下佳貴選手など挙げられる。

 

桃山学院大学    4名

 


桃山学院大学からは4名の現役プロ選手を輩出しており、J1には在籍している選手はいないが、J2とJ3で2名ずつ
在籍している。
松本山雅の圍謙太朗選手、Vファーレン長崎の毎熊晟矢選手などが挙げられる。

大阪体育大学   18名

 


大阪体育大学からは18名の現役プロ選手を輩出しており、J1に7名、J2に5名、J3に6名在籍している。
日本代表での出場経験のあるガンバ大阪の藤春廣輝選手やヴィッセル神戸の菊池流帆選手、コンサドーレ札幌の
田中駿太選手などが挙げられる。

 

近畿大学     10名

近畿大学からは10名の現役プロ選手を輩出しており、J1とJ2に1名ずつ、J3に8名在籍している。
ヴィッセル神戸の藤本憲明選手やFC琉球の知念哲矢選手、鹿児島ユナイテッドの大西勝俉選手などが挙げられる。

 

大阪産業大学     4名

 



大阪産業大学からは3名の現役プロ選手を輩出しており、
J1には在籍選手はいないがJ2に1名、J3に3名
在籍している。
水戸ホーリーホックの中山仁斗選手やアスルクラロ沼津の朴昇利選手、FC今治の岡山和輝選手が挙げられる。

 

大阪商業大学   2名

 


大阪商業大学から現役プロ選手は、J2のツエーゲン金沢の下川陽太選手とJ2のFC琉球の李栄直選手の
2選手を輩出
している。
李栄直選手は北朝鮮代表として14試合に出場し、1得点しているDFである。
今季から完全移籍したFC琉球で超攻撃型のCBとして活躍が期待されている。

 

大阪市立大学   1名

 

大阪市立大学から現役プロ選手は、日本代表のMFとしても活躍された、J3のFC今治の橋本英郎選手の
1選手のみを輩出している。
公式戦400試合以上に出場している41歳のレジェンドの今後の活躍に注目したい。

 

大阪経済大学   1名

 

大阪経済大学から現役プロ選手は、J3のカマタマーレ讃岐の川崎一輝選手の1選手のみを輩出している。
今年から入ったルーキーで、CB以外はどこでもできるという万能な選手。チームからも大きな期待を
されている。

 

大阪学院大学   7名

 


大阪学院大学からは7名の現役プロ選手を輩出しており、J1には在籍していないが、J2に5名、J3に2名
在籍している。
モンテディオ山形の大槻周平選手や京都サンガF.C.の太田岳志選手と、日本代表に選出経験のある
石櫃洋祐選手
などが挙げられる

 

大阪教育大学     1名

 


大阪教育大学から現役プロ選手は、J3の藤枝MYFCの松村航希選手の1選手のみを輩出している
2年目のスピードが武器のMF。今季の飛躍に期待したい。

 

関西学院大学   13名

 


関西学院大学からは13名のプロ選手を輩出しており、J1には8名、J2には3名、J3には2名
在籍している。
日本代表としても出場経験のある名古屋グランパスの阿部浩之選手やサンフレッチェ広島の井林章選手、
ガンバ大阪の一森純選手などが挙げられる。

 

神戸学院大学     1名

 


神戸学院大学から現役プロ選手は、J3のFC岐阜の藤谷匠選手の1選手のみを輩出している。
スピードのあるDFで、昨季は19試合に出場。今季はJ2昇格のために、チームの中心として活躍が
期待される。

 

姫路獨協大学     1名

 


姫路獨協大学から現役プロ選手は、J3のヴァンラーレ八戸黒石貴哉選手の1選手のみを輩出している。
今季移籍した1年目のFWの選手。今季はウィングバックとしての活躍が期待される。

 

同志社大学    1名

同志社大学から現役プロ選手は、J3のAC長野パルセイロの吉村弦選手の1選手のみを輩出している。
ルーキーイヤーの昨季は右サイドバックとして12試合に出場し、1得点している。

 

立命館大学       16名

 

立命館大学からは16名のプロ選手を輩出しており、J1には在籍選手はいないが、J2に5名、J3には
11名在籍している。
愛媛FCの前野貴徳選手やギラヴァンツ北九州の國分伸太郎選手、ファジアーノ岡山の金山隼樹選手
などが挙げられる。

 

京都産業大学   3名

 


京都産業大学からは3名の現役プロ選手を輩出しており、
J1とJ2には在籍選手はいないが、J3には
3名在籍している。
藤枝MYFCの安藤由翔選手、カターレ富山の佐々木一輝選手、いわてグルージャ盛岡の射庭康太朗選手が
挙げられる。

 

びわこ成蹊スポーツ大学  15名

 


びわこ成蹊スポーツ大学からは15名のプロ選手を輩出しており、J1には3名、J2とJ3には6名ずつ
在籍している。
横浜Fマリノスの山本義道選手やセレッソ大阪の松田陸選手、サガン鳥栖の宮大樹選手などが挙げられる。

 

最後に

関西大学サッカーリーグの加盟チーム出身の選手だけで、Jリーグ在籍の大学出身選手全体の約20%を
占める割合になっている。

また、今季から加入した選手など若い選手も多く在籍しており、そういった観点からも比較的チャンスが
多くあると考えられる。

西日本の大学でプロ選手を目指していくならば、プロからも注目を集めやすい位置にリーグがあるので、
関西大学サッカーリーグでプレーすることが大きな選択肢となりそうである。

 

 

 

おすすめ記事

  1. 大学サッカー関東リーグに所属する大学の就職状況

  2. 大学サッカー 神奈川県大学サッカーリーグに所属する大学の就職状況

  3. 大学サッカー 愛知リーグに所属する大学の就職状況

  4. 大学サッカー選手の声【関東大学サッカーリーグ編】VOL.3専修大学 鈴木龍之介選手

  5. 大学サッカー選手の声【関東大学サッカーリーグ編】VOL.2日本大学 八重樫尋斗選手

  6. 大学別現役プロサッカー選手数一覧 【関東大学リーグ編】