大学サッカー選手の声【関西学生サッカーリーグ編】 阪南大学 高木践 選手

今回は阪南大学高校サッカー部出身、阪南大学サッカー部で活躍している高木 践選手に、大学サッカーについてお聞きしました。高木選手は2023年にデンソーカップ関西選抜にて優勝を経験されています。また先日開催された『DENSO CUP SOCCER』日韓(韓日)大学定期戦にて決勝点を決めMVPも獲得されています。

2024年シーズンからの清水エスパルス加入内定も決定しております。
大卒プロ選手の記事はこちら

プロフィール

お名前
高木 践

出身高校
阪南大学高校サッカー部

所属大学
阪南大学

学部・学年
国際観光学部・新4年

”阪南大学” 選択のわけ

ーー阪南大学サッカー部への進学理由、進学方法を教えてください。

サッカーが強く、通学可能だったので阪南大学高校に進学をしました。大学は他大学さんに練習参加していたものの、良いお返事をいただくことができませんでした。進学先を決めないといけない状況になってしまったので阪南大学にそのまま上がらせていただくことにしました。

関西学生サッカーリーグ1部 ”阪南大学サッカー部” について

ーー阪南大学サッカー部の魅力について教えてください。

阪南大学サッカー部の魅力はオンとオフがしっかりしているところです。サッカーをしている時は、切磋琢磨して共有したり、激しくトレーニングを行いますが、オフはみんな遊んだり、リフレッシュしたりしているところが、いいところだと思います。

大学サッカーについて

ーー大学サッカーの魅力についてお聞かせください。

高卒でプロになれなかった選手が大学に進んできているので身体やスピードの部分は激しいです。その中でサッカーをするので身体やスピードの激しさに自分の基準が引き上がっていることが実感できるのが魅力です。

ーーこれまでの大学サッカーを振り返って記憶に残っていることを教えてください。

大学サッカーはやはり、関東がすごく注目されてますが、2023年のDENSOカップで関西が優勝することができました。また、インカレも関東の相手に準決勝で勝ち、準優勝でした。こういった成績を残すことができ、関西も強いということを証明できたことはとても嬉しいです。今後も関東だけでなく、関西も強いということを証明し続けていきたいです!

ーー大学に入って成長した秘訣について

大学に入った当初は、プロになりたいという意志はほとんどありませんでした。正直、就活において大学で部活動を4年間続けるということは、忍耐力やサッカーを続けることで得られる能力が有利に働くということで入部しました。ですが大学サッカーを続けていく中で色んな先輩、同期、後輩から、全国の経験を聞いたり、プロの練習参加などさせていただいて、自分のことをこんなにも気にかけてくれているなら、サッカー選手を目指してみたいと思うようになりました。先輩のいいところを真似して実践で活かしていくことを意識していました。

ーー高木選手の今後の目標について教えてください。

関西学生サッカーリーグ優勝、総理大臣杯出場そして優勝目指して頑張りたいです。インカレももちろん頑張りたいです!そしてJリーグで活躍することも自分の目標です。

最後に、スポーツ推薦(セレクション)を目指す高校生アスリートに向けて

ーー大学で競技継続の意思のある高校生アスリートに向けて、アドバイスやメッセージをお願いします。

自分が行きたいと思う大学に進めなかったとしてもネガティブ思考になる必要はありません。自分を信じて毎日コツコツと練習に励んで前進するというのが大事です。自分も大学は最後まで悩み決断しました。入ってからが勝負だと思うので、行きたいところに行けなくても全然大丈夫です!決まってしまった以上変えることはできないのでそこで勝負するだけです。

ーーインタビューは以上です!ありがとうございました!

おすすめ記事

  1. 大学サッカー 東北大学サッカーリーグに所属する大学の就職状況

  2. 大学サッカー 北信越大学サッカーリーグに所属する大学の就職状況

  3. 柔軟性を高めるストレッチについて

  4. 大学サッカー選手の声【関西学生サッカーリーグ編】  京都大学 酒井雄飛選手

  5. 大学サッカー 競技場一覧 【関東地方】

  6. 大学サッカー静岡リーグに所属する大学の就職状況

人気記事ランキング

  1. 1位

    関東大学サッカーリーグ