大学別現役プロサッカー選手数一覧【北信越・東海大学サッカーリーグ編】

現役プロ選手輩出数からみた
大学サッカーの新たな魅力とは?

 

現役Jリーグ(J1、J2、J3)全56チーム1662人の選手を対象に、大学サッカー出身選手とその大学を調査をした。
現在、Jリーグに所属する大学サッカー出身のプロ選手は719人となっており、全体の約40%を占めている。
残りの約60%は高校からプロ選手になるか、クラブの下部組織からトップに上がるかの2種類となっている。
リーグのカテゴリーによって、大学サッカー出身のプロ選手の比率が変わってきており、J1は570人中172人で全体の約30%を占めており、J2は656人中267人で約40%を占めている。
これら二つとは異なり、リーグの半分以上を大学サッカー出身選手で占めているのがJ3であり、436人中281人が大学サッカー出身選手となっている。また、大学サッカー出身選手の中でも日本代表に選出され、U-23の代表候補に選ばれる選手も多数出てきている。

今回は、北信越・東海大学サッカーリーグに加盟している大学が輩出したプロサッカー選手と人数をご紹介する。

 

現役プロサッカー選手数【北信越大学サッカーリーグ】

 

金沢学院大学     1名

金沢学院大学出身の現役プロサッカー選手は、J3のカターレ富山に在籍している大谷駿斗選手のみとなっている。
昨季は大卒1年目にして、チームトップの得点数を叩き出した。今季もレギュラーとしてチームを勝利へ導く。

 

北陸大学       2名

北陸大学からは2名の現役プロ選手を輩出している。
J1とJ2には在籍している選手はいないが、J3には藤枝MYFCの横山暁之選手と、いわてグルージャ盛岡の深井脩平選手が在籍している。
横山選手は、大学4年次の怪我のため大卒すぐのプロ入りこそならなかったが、懸命なリハビリの結果、今季からプロ入りを果たすことができた。
深井選手は、大卒後ブラウブリッツ秋田を経ていわてグルージャ盛岡に入る。
昨季は怪我で出場できない試合もあったが、復帰後は正確なパスを武器に攻撃面でも活躍。

北陸大学所属選手のインタビューはこちらから

金沢星稜大学     1名  

金沢星稜大学出身の現役プロサッカー選手は、J2のツエーゲン金沢に在籍している本塚聖也選手のみとなっている。
今季からチームに加入した大卒新人選手。
ボランチとしてチーム内の競争に勝ち抜いて、1年目から試合に出場することを目指す。

 

新潟医療福祉大学   4名

 

新潟医療福祉大学からは4名の現役プロ選手を輩出している。
J1には在籍している選手はいないが、J2には1名、J3には3名在籍している。
J2アルビレックス新潟に所属する矢村健選手は、昨季特別指定選手として当時J2(今季からJ3)のFC岐阜戦でJリーグデビュー。
今季から正式にチームに入り、力強いシュートを武器にチームの勝利に貢献していきたい

▼その他の新潟医療福祉大学出身選手はこちら
AC長野バルセイロ    喜岡佳太
Y.S.C.C.横浜        和田幹大
SC相模原          上米良柊人

 

新潟経営大学     4名


新潟経営大学からは4名の現役プロ選手を輩出している。
J1とJ2には1名ずつ在籍しており、J3には2名在籍している。
J1ガンバ大阪に所属する東口順昭選手は、GKとしてJリーグ通算282試合に出場。
日本代表(A代表)にも選出・出場の経験がある。
昨季はリーグ戦全試合先発出場を果たした。今季も豊富な経験を生かしチームの勝利に貢献していく。

▼その他の新潟経営大学出身選手はこちら
アルビレックス新潟      新井直人選手
ヴァンラーレ八戸       中村太一選手
アスルクラロ沼津       濱託巳選手

北海道・東北リーグの大学別現役プロサッカー選手数はこちら

 

現役プロサッカー選手数【東海大学サッカーリーグ】

 

岐阜経済大学(現・岐阜共立大学1名

岐阜経済大学(現在は岐阜共立大学)出身の現役プロサッカー選手は、J3のロアッソ熊本に在籍している谷口海斗選手のみとなっている。
今季、いわてグルージャ盛岡から移籍してきた大卒3年目の選手。
ルーキーイヤーからキャリアハイの15得点をマークするなど、次世代のエースとして期待されている。
今季は新天地で自己最多得点とチームのJ2昇格を目指す。

 

常葉大学            2名

常葉大学からは2名の現役プロ選手を輩出している。
J1とJ2には在籍している選手はいないが、J3にはカターレ富山の大野耀平選手と、アスルクラロ沼津の徳武正之選手が在籍している。
大野選手は今季、京都サンガF.C.からカターレ富山へレンタル移籍してきた。
徳武選手は、アスルクラロ沼津のディフェンスリーダーとして、チームのディフェンスラインを支える。

 

静岡産業大学          3名

静岡産業大学からは3名の現役プロ選手を輩出している。
J1には在籍している選手はいないが、J2には1名、J3には2名在籍している。
J2松本山雅に所属する村山智彦選手は、Jリーグ通算146試合出場のGK。抜群の身体能力で、PKにも強い。
今季はGKのレギュラーを掴み、チームをJ1昇格に導きたい。

▼その他の静岡産業大学出身選手はこちら
藤枝MYFC         原田大雅選手
カマタマーレ讃岐     栗田マークアジェイ選手

 

愛知学院大学          1名

愛知学院大学出身の現役プロサッカー選手は、J1の大分トリニータに在籍している知念慶選手のみとなっている。
知念選手は、今季期限つきで大分トリニータに移籍。得点力と、攻撃時のチャンスメイクに期待がかかる。

 

静岡大学            1名

静岡大学出身の現役プロサッカー選手は、J1のコンサドーレ札幌に在籍している早坂良太選手のみとなっている。
早坂選手は、Jリーグ通算259試合に出場している経験豊富な選手である。
昨季は出場試合数が近年で最も少なかったが、中盤での冷静なプレーや34歳になっても衰えることのない運動量を武器にチームに貢献してきている。

 

中京大学            9名

中京大学からは9名の現役プロ選手を輩出している。
J1には2名、J2には3名、J3には4名在籍している。
J2アビスパ福岡の東家聡樹選手は、今季大卒新人選手としてプロ入りした。
東海大学サッカーリーグベストイレブン、得点王のタイトルを取り18歳まで所属していたアビスパ福岡のトップチームに帰ってきた。
即戦力として、1年目の今季からの活躍に期待がかかる。

▼その他の中京大学出身選手はこちら
ガンバ大阪         新里亮
大分トリニータ       佐藤和弘
ファジアーノ岡山      齊藤和樹
ツエーゲン金沢       石井稜
藤枝MYFC         那須川将大
ロアッソ熊本        坂本広大
ブラウブリッツ秋田     中村亮太
AC長野バルセイロ       大城祐斗

 

東海学園大学          11名

東海学園大学からは11名の現役プロ選手を輩出している。
J1とJ2には4名ずつ在籍しており、J3には3名在籍している。
11名中8名がプロになって3年目までの選手となっており、近年急激にプロ選手を輩出していることがわかる。
特に今季1年目の神谷凱士(川崎フロンターレ)神谷椋士(カマタマーレ讃岐)兄弟と、同じくカマタマーレ讃岐の松本直也の3名が一気にJリーガーとなった。

▼その他の東海学園大学出身選手はこちら
横浜Fマリノス    梶川裕嗣
名古屋グランパス    渡邉柊斗
横浜FC       志知孝明
徳島ヴォルティス    榎本大輝
ファジアーノ岡山    武田拓真
V・ファーレン長崎    鹿山拓真
V・ファーレン長崎    畑潤基
カターレ富山     戸根一誓

関東大学サッカーリーグの大学別現役プロサッカー選手数はこちら

最後に

今回は北信越大学サッカーリーグと東海大学サッカーリーグの現役プロ選手数について取り上げた。
東海大学サッカーリーグは、全国で4番目に多く現役プロ選手を輩出している。
何年もJリーグでキャリアを積んできている選手もいるが、東海学園大学を中心に大卒選手などの若い選手を多く見ることができた。
この傾向から見ると、現役プロサッカー選手輩出数の人数こそ関西や関東大学サッカーリーグに劣るが、人数が少ないからと言って東海大学サッカーリーグにチャンスが無い訳ではないということがわかる。
また、北信越大学サッカーリーグも人数こそ少ないがJ1からJ3までバランスよく選手が在籍していた。
関東や関西などの主要都市の大学や、現役プロ選手を多く輩出している大学に絞るだけがプロの世界へ続く道ではなくなってきているようだ。

おすすめ記事

  1. 大学サッカー 北海道学生サッカーリーグに所属する大学の就職状況

  2. 大学別現役プロサッカー選手数一覧 【関東大学リーグ編】

  3. 大学サッカー 三岐リーグに所属する大学の就職状況

  4. 大学サッカー 北信越大学サッカーリーグに所属する大学の就職状況

  5. 大学サッカー静岡大学サッカーリーグに所属する大学の就職状況

  6. 大学別現役プロサッカー選手数一覧 【東京都大学サッカーリーグ編】