大学別現役プロサッカー選手数一覧 【東京都大学サッカーリーグ編】

現役プロ選手輩出数からみた
大学サッカーの新たな魅力とは?

 

現役Jリーグ(J1、J2、J3)全58チーム1833名の選手を対象に、大学サッカー出身選手とその大学を調査をした。
現在、Jリーグに所属する大学サッカー出身のプロ選手は861名(J1=192名、J2=335名、J3=334名)となっており、全体の約45%を占めている。

残りの約55%は高校からプロ選手になるか、クラブの下部組織からトップに上がるかの2種類となっている。
リーグのカテゴリーによって、大学サッカー出身のプロ選手の比率が変わってきており、J1は606名中192名で
全体の約30%を占めており、
J2は688名中335名で約半数を占めている。

これら二つとは異なり、リーグの半分以上を大学サッカー出身選手で占めているのがJ3であり、539中334
大学サッカー出身選手となっている。また、大学サッカー出身選手の中でも日本代表に選出され、U-23の代表候補に
選ばれる選手も多数出てきている。
今回は、東京都大学サッカーリーグに加盟している大学が輩出したプロサッカー選手と人数をご紹介する。

 

大学別現役プロサッカー選手数

立教大学    1名

 

 

立教大学からは現役プロサッカー選手としてJ2岩手グルージャ盛岡桐 蒼太選手の1名を
輩出している。2022年シーズンからの加入でルーキー選手としての活躍が期待されている。
特徴である「ドリブル」に注目したい。

 

山梨学院大学    2名

 

山梨学院大学からは2名の現役プロサッカー選手を輩出しており、J1には在籍選手はいないが
J2にはFC町田ゼルビアの平河 悠選手が、J3にはYSCC横浜の西山 雄介選手がそれぞれ在籍している。
J2リーグに属しているFC町田ゼルビアの平河 悠選手は大学に在籍中でありこれからの活躍が楽しみな選手である。

 

東京農業大学    4名

 

東京農業大学からは、東京都大学サッカーリーグで2番目に多い4名の現役プロサッカー選手を輩出しており、J1、J2には在籍選手はいないが
J3には松本山雅の吉田 将也選手が1名、ガイナーレ鳥取
の安藤 一哉選手、丸山 壮大選手小山 珠里選手の3名が在籍している。
ガイナーレ鳥取には同一大学から3名もの選手が在籍しているため今後の連携に注目してみたい。

東京農業大学所属の選手のインタビューはこちらから

 

朝鮮大学      6名

 

朝鮮大学からは、東京都大学サッカーリーグでは最も多い6名の現役プロサッカー選手を
輩出している。
J1には1名、J2には3名、J3に2名の選手が在籍している。
サガン鳥栖の朴 一圭選手やFC町田ゼルビア鄭 大世選手などが挙げられる。

 

▼その他の朝鮮大学出身現役プロサッカー選手

横浜FC 韓 浩康
岩手グルージャ盛岡 韓 勇太
・YSCC横浜 韓 勇岐
・ガイナーレ鳥取 文 仁柱

 

最後に

現役選手として今季も活躍する選手がいるのは上記の大学のみであるが、JリーグOB選手まで
広げると上記に名前がない大学からもプロ選手が輩出されている。

國學院大学出身で現J3のY.S.C.C.横浜で活躍し、現在は東京23FCに所属している一井賢人選手や、
学習院大学出身で現J3いわてグルージャ盛岡で活躍し、現在はFCガンジュ岩手に所属する中西哲也
選手などが挙げれる。


現役プロ選手13名の特徴を見てみると、GKとしてプレーしているのはサガン鳥栖の朴 一圭選手のみで、
その他の選手はFW、MF、
DFとしてプレーしている。

また、ユースチーム所属経験があるのは13名中4名で、他は全て高校、大学サッカーを経てプロへ
進んでいる。このことから、ユースには選ばれなくても高校、大学サッカーで
実力と実績を積み重ねて
いくことで、Jリーグに所属できるチャンスが十分にあると考えられる。

OB選手を含めても東京都大学サッカーリーグは、関東大学サッカーリーグとは違い1部リーグに所属
しているチームが多くプロ選手を輩出していることがわかる。

関西大学リーグの現役プロ輩出数はこちら

おすすめ記事

  1. 大学サッカー 三岐リーグに所属する大学の就職状況

  2. 社会学部のある大学一覧

  3. 大学入試情報一覧【三岐リーグ】

  4. デンソーチャレンジカップ

  5. 大学入試情報一覧【愛知リーグ】

  6. 大学サッカー選手の声【東京都大学サッカーリーグ編】VOL.47  桜美林大学 今井聖士 選手

人気記事ランキング

  1. 1位

    関東大学サッカーリーグ